経営者住宅ローンの思わぬ収穫とは?

経営者住宅ローンは思わぬ収穫があります。
経営している会社を無借金で経営している社長さんの場合、銀行側としては会社の状況を知る手段がありません。
融資を受けていれば会社の業績を銀行側もモニターしているため、ある程度の緊密な付き合いもできますが、融資がないと単なる決済取引だけに限定されます。
銀行との付き合いを最低限にする方針であれば別ですが、そうでなければ経営者住宅ローンを申込むことで、会社と銀行のつながりを深めることが可能です。
経営者と会社は一心同体なので、銀行は会社にお金を貸していると考えて融資をします。
しかし、審査が通れば銀行からの住宅ローンなので銀行の各種サービスを受けることができます。
お互いメリットがあるのです。
住宅ローン審査に配偶者の借金で落ちる?【妻のローンの基準厳しい?】