パソコンのシングルセルとは?

シングルセルとは「シングルレベルセル」の略称で、初期のフラッシュメモリーの規格(1セルあたりのbit数が1bitのもの)です。
ただし、書き込みの可能回数や読み出しの速度はシングルセルの方が優れており、いまだに相当数のユーザーがシングルセルを使用しているといわれています。
現在のところ、PCの記憶装置としてはHDDが主流ですが、徐々にフラッシュメモリー型のSSD(SolidStateDrive)にユーザーがシフトしつつあります。
シングルセルも含め、フラッシュメモリーはデータの転送速度でHDDに劣りますが、最新のSSDの中には多並列動作の技術を用いることによってHDDと同等以上の速度性能を確保しているものもあります。